映画学メモ
日本ではまだイマイチ馴染みの薄い「映画学」なるものを、イギリスの大学から実際の映画学の授業に沿うかたちで紹介していきたいと思います。まー気楽にいきましょう。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新停滞の言い訳コーナー
どうもみなさんお久しぶりです。
不肖映画学メモでございます。

今回は映画学メモ恒例の更新停滞の言い訳エントリーです。

最近さっぱり更新しないので、映画学メモの中に入ってる人はヤル気があるのか、と不思議に思っていた人もいらっしゃったかも知れません。少なくとも俺は不思議でした。

実は映画学メモの中に入ってる人は修士論文が映像製作なんですが、その撮影期間が5月末から6月18日、ということに諸般の事情でなっておりまして、そんでまぁ三週間弱で全部撮らなきゃいかんということで、それにかかりっきりになっていた次第でした。そんで終わったらすぐにイタリア行ってきたんですよ。おとといまで。映画学メモの中に入ってる人は何かとイタリアに縁があるようです。まぁそして今に至る、と。

そんなわけでした。

さすがにこれからはちょっとは時間の余裕もあると思うので、また更新再開であります。

ではでは、またー。

タカ@店主
スポンサーサイト
復活
どうも大変お久しブリでありました。

最近はレポートなどを書いておりまして、すっかりほっぽらかしにしてしまった次第です。でも昨日レポートも終わったんで明日から更新再開!またがんばります。
ぼちぼち再開
どうもみなさまお久しぶりです。
映画学メモ屋さんです。

大学の方は今日が春節(Chinese New Year)だったみたいで、中国人の人の生徒も多いもんでだいぶ盛り上がっておりました。

レポートの方は先週の火曜日に無事提出できまして、一段落ついた次第でありました。いやー危なかったですよ。

そんで細かい用事もたくさんありつつダラダラしていたわけですが、ぼちぼち来週(30日)から映画学メモ再開でございます。いつまでもゴダールしてる場合じゃないので早いとこゴダールは終わらせて、今学期分のところに入りたいですね。

ではでは、またすぐに。

タカ
友達の展覧会
いきなりですが、今度東京で友達の展覧会があるのでちょっとお知らせしてもよろしいでしょーか。

仙台を拠点に活動しているカナダ人アーティストのSuzanne Squires(スザンヌ・スクワイアーズ)さんが今度銀座のSpace Kobo and Tomoというところで展覧会をするんですよー。
suzanne.jpg
展覧会「Mindscapes(マインドスケイプス)」
1月16日(月)から21日までで、時間は12.00-19.00(最終日は17.00)
とのことです。

スザンヌさんのホームページはこちら
Space Kobo and Tomoさんのホームページはこちら(地図あり)

彼女は絵を描いたり銀細工、ビーズ細工を作ったりしている人なんですが、どの作品にも、その作品を通して自分の心の中の静かな部分を覗き込むような感じがあって好きなんです。あと絵の表面に金箔を使ったり蝋の一種(?)を使ったりしてるのがあって、それがまた不思議な質感を出していて素敵です。

機会のある方は、ぜひぜひ足を運んでみてくださいませ。

ついに本格稼動
えー、おかげさまでBlogの題名から「(10月上旬から本格稼動)」の部分が取れまして、晴れて本格稼動であります。もう10月も半ばですもんねー。

このBlogのメインコンテンツ「映画学入門」の第1回の授業が一昨日ありまして、やっとはじめられるわけですよ。がんばって授業を追っかけていこうと思ってます。3年前に一度とった授業だとはいえ、(予想通り)結構忘れておりました。

このエントリーのすぐ下にあるのが、映画学入門Week1の分です。授業を聞いた分と、自分がこれまでやってきた分を合わせて僕なりにまとめて書いたものですね。ってかまだWeek1でやった分の半分くらいしか書いてないですが・・・。だいたい一週間の分を何回かに分けてupしていく感じになるんじゃないかなーと思います。

ではでは、色々と至らぬところもあると思いますが、よろしくお付き合いくださいませ。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。