映画学メモ
日本ではまだイマイチ馴染みの薄い「映画学」なるものを、イギリスの大学から実際の映画学の授業に沿うかたちで紹介していきたいと思います。まー気楽にいきましょう。
200509<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200511
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画学入門 Week 3 (その1)
Week 3

D.W.グリフィスの登場と映画文法の確立


もう10月も終わりですねー。イギリスでは日曜日にサマータイムが終わりまして、時計を1時間戻す日だったのでありました。今日(月曜日)はやっぱり時計戻し忘れて授業の時間間違える奴とかいたわけでして、毎年これが楽しみでございます。僕もよく間違えるわけですが・・。

日本との時差は9時間に戻りましたー。

さて、今日は「映画文法の確立」ということで、映画というものが、やっと今僕らがフツーに見ている映画に近くなってくるところです。時代的にはだいたい1910年代から20年代あたりのことになります。そんでその映画文法の確立において中心的な役割を果たしたのがD.W.グリフィスという人でありました。
d-w-griffith_mutual-film_rare-photo-crop.jpg
D.W.Griffith (1875-1948)

今回の内容はこんな感じです。
1、「初期映画」のおさらい
2、「継続的編集」(Continuity Editing)とは?
3、D.W.グリフィスと、彼がもたらしたもの


[映画学入門 Week 3 (その1)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:研究 - ジャンル:学問・文化・芸術

映画学入門 Week 2(つづき)
「物語以前」-視覚的アトラクションとしての映画(つづき)

どうやら映画学Blogの同志フィルム・アカデミアさんもパソコンのトラブルということで、大変そうであります。なるべく早く問題が解決するといいのですが・・。

さてWeek2の続きです。
20051025125950.jpg
ここ何週間くらいは古い映画の話になってしまいますが、よろしくお付き合いくださいませ。映画学ってのは、古い映画だけやるもんじゃないんですけどね。まぁ歴史はやはり大事なので。



2、アトラクションとしての映画
今は映画っつうと物語(narrative)があるのが当たり前みたいな感じじゃないですか。でも初期の映画ってのはそうじゃなかったんですね。勿論物語的なものは存在してはいるけども、今僕らがフツーに映画を見るように物語を軸に映画が展開していくわけではない。んでは初期の映画の軸、というか中心になっているものは何かというと、それは単純に映像がある、絵が動くという楽しさ、驚き、喜びのようなものなんですね。つまり、映画の内容じゃなくて、映像そのものがエンターテイメントであったわけです。これがつまりアトラクションとしての映画(The Cinema of Attraction)といわれるもので、トム・ガニング(Tom Gunning)という人が言い出した考え方です。別な言い方をすると、まだ映画館というものが見世物小屋とあまり変わらなかった時代ということができるかも知れません。





[映画学入門 Week 2(つづき)]の続きを読む

テーマ:研究 - ジャンル:学問・文化・芸術

映画学入門 Week 2
Week 2

「物語以前」-視覚的アトラクションとしての映画


イギリスも寒くなってまいりました。結局自分のパソコンのウィルスは除去できなかったみたいで、また大学のコンピューターラボから更新してまーす。
net_nanmin.jpg
ヤバイっす。

さて映画学入門の方ですが、2週目はリュミエール兄弟による映画の発明以後の10年ほど、まだ映画が「物語(Narrative)」というシステムと完全に結びついていない時代のお話であります。

今回の内容はこんな感じです↓
1、19世紀の西洋世界
2、アトラクションとしての映画
3、映画文法の萌芽




1、19世紀の西洋世界

前にもちらっと書きましたが、映画の誕生を考える際に忘れてはいけないのは、映画の発明が19世紀における様々な技術革新の一部である、ということでして、さらに、あるレベルにおいては19世紀西洋世界の人々はすでに「映画的」な体験をしていたということもできるんですね。その代表的なものが機関車なんです。

映画が発明された19世紀末というのは機関車の黄金期にあたります。機関車の発明自体はもっとずっと前ですが、19世紀前半に商業ベースで実用化されて、19世紀後半には生活になくてはならないものになっておりました。


[映画学入門 Week 2]の続きを読む
映画学入門 Week 1(つづき)
「映画以前」と映画の誕生(つづき)

みなさんこんにちは。Week1の残りの部分を書くのが遅れちゃっててすいませんでした。部屋で使ってるパソコンちゃんがですね、ウィルスに感染あそばしまして、学内LANから締め出され、ネットにつながらない状態でありました。ぼちぼち復旧する予定ではありますが、今も学校のコンピューターラボからこのエントリーを書いている次第でございます。



2、そしてリュミエールへ - Persistence of Vision

前回は、マジック・ランタンとかファンタズマゴリアとか映画以前の映像装置のことについて書きました。さっさと1895年までいってしまいたいとこですが、ここからリュミエール兄弟による映画の発明までに、もうひとつだけ触れておかなきゃいけない映像装置があります。ゾエトロープ(Zoetrope)っつうやつで、マジックランタンやファンタズマゴリアが大雑把に言って18世紀くらいまでのものだったのに対してゾエトロープは19世紀前半の発明であります。
こんなやつです↓
ZoetropeTopView0315.jpg
んで、なんでこのよく分かんない機械について触れるのかというと、ゾエトロープはそれ以前の映像装置とは根本的に異なるある原理を使った映像装置で、それが映画の発明に必要不可欠なものだったからなんですね。その原理がPersistence of Vision(パーシスタンス・オブ・ビジョン=残像現象、または映像の残留)であります。



[映画学入門 Week 1(つづき)]の続きを読む
ついに本格稼動
えー、おかげさまでBlogの題名から「(10月上旬から本格稼動)」の部分が取れまして、晴れて本格稼動であります。もう10月も半ばですもんねー。

このBlogのメインコンテンツ「映画学入門」の第1回の授業が一昨日ありまして、やっとはじめられるわけですよ。がんばって授業を追っかけていこうと思ってます。3年前に一度とった授業だとはいえ、(予想通り)結構忘れておりました。

このエントリーのすぐ下にあるのが、映画学入門Week1の分です。授業を聞いた分と、自分がこれまでやってきた分を合わせて僕なりにまとめて書いたものですね。ってかまだWeek1でやった分の半分くらいしか書いてないですが・・・。だいたい一週間の分を何回かに分けてupしていく感じになるんじゃないかなーと思います。

ではでは、色々と至らぬところもあると思いますが、よろしくお付き合いくださいませ。
映画学入門 Week1
Week1

「映画以前」と映画の誕生

今週からコース「映画学入門」の授業が始まりましたー。第1回目ということで、今週は映画が発明される以前から存在していた映像装置と、19世紀末にリュミエール兄弟によって発明、製作された、最初の映画たちについてのお話でした。

1、リュミエール以前 - 様々な映像装置
2、そしてリュミエールへ - Persistance of Vision
3、リュミエールの映画たち




1、リュミエール以前 - 様々な映像装置
僕らが今知っているかたちの「映画」というものが発明されたのは1895年12月28日(訂正:ここんとこは、最初「1985年」と書いておりましたが、もちろん間違いであります。Hi-Kさんとfujiさんからご指摘いただきました。どうもありがとうございました)、となっています。これが映画の発明者であるリュミエール兄弟が始めて上映を行った日なんですねー。
lumiere_amended.jpg
リュミエール兄弟

でも映画ってのは1895年にいきなり何もないとこから発明されたわけではなくて、西洋文明の中にそれまでの長い積み重ねがあって、その延長として生まれたようです。現にリュミエールとほぼ同時期に映画的な映像装置の開発に取り組んでいた人は、かのトーマス・エジソンを始めけっこういたんですね。というわけで、リュミエールの発明に至った「映画以前」とはいったいどんなものだったか、というところからお話は始まります。
[映画学入門 Week1]の続きを読む
貞子はどこからやってきた?
今回は、前回のエントリーでとりあげたRobin Woodの「抑圧の回帰論」について、ゾンビとはまた違ったモンスターでケーススタディをやってみようと思います。

というわけでお題はこの人;
sadako1.jpg
貞子さんであります。レディーをモンスターなんて呼ぶのもちょっとアレですが。

では、「抑圧の回帰」ということを考えた時に、「貞子」とは一体なんだったんでありましょうか。今はフツーに女の子が髪の毛で顔が隠れたりすると「貞子だー」なんて言ったりしますよね。あるモンスターがそれくらい社会の中に浸透するってことは、それなりの理由があるんじゃねーかなと思えるわけです。「抑圧の回帰論」に沿うと、それくらい僕らみんなの中で共有されている抑圧に関わっている、というわけです。


[貞子はどこからやってきた?]の続きを読む
ちょっとだけ映画学 === ゾンビはどこからやってきた? ===
年度始めということで、だいぶバタバタしてましたがようやく落ち着いてきました。新しい寮の部屋もやっと人が住めるような感じになりましたよ。

というわけで、ふたたび「ちょっとだけ映画学」、今回はホラー映画のお話です。「ゾンビはどこからやってきた?」なんて副題つけちゃいましたが、ゾンビだけの話ではなくてですね、ホラー映画全般について、「モンスターとは何なのか」という話です。
20051008024936.jpg
映画学入門で言うと、
第14回
テーマ:「ジャンル」という概念とその基礎
教材:ゾンビ/ディレクターズカット完全版 (1978) ジョージ・ロメロ

にあたる部分ですね。映画学では「ジャンル」という概念がとても大事になってくるのですが、そのケーススタディとしてホラーを扱うわけです。ケーススタディと言っても、メロドラマとかミュージカルとか西部劇とかSFとか、ジャンルごとに研究の仕方は変わってくるので、ケーススタディともちょっと違うのですが。



[ちょっとだけ映画学 === ゾンビはどこからやってきた? ===]の続きを読む
大学に着きました
無事に渡英いたしまして、大学に戻ってきましたー。
今は色々と必要な手続きをしております。

さて、そんでですね、今週はまだ授業が始まる前の準備の週なので、特に何があるわけでもなく、来週から授業が始まる感じです。そしたらこのBlogも本格稼動っす。「映画学入門」の内容を追っかけていきます。それまでは、何回か「ちょっとだけ映画学」でも書ければな、という感じですね。

それと、一応確認なのですが、最近このBlogに来てくださった方で、左側にある「このブログについて」というところにある
1、はじめに
2、このブログの具体的な内容
3、コース「映画学入門」のおおまかな内容

の三つをまだご覧になっていない方は、ぜひご一読ください。このブログの主旨やらこれからの展開やらが分かりますよ。

では、本格稼動までもう少しお待ちください。
ぼちぼち出国
結局忙しいまま出国まできてしまいましたよ。
もう神無月。

明日10月2日発の飛行機に乗るので東京まで来ておりまして、今は友達の家にいたのでした。池袋の「やきとん」うまかったなぁ・・・。

ただいま夜の三時ですが、このまま徹夜して、飛行機の中で寝まくる予定であります。スチュワーデスさんに心配される勢いで。

最近内容のない近況報告ばかりですいませんです。
大学戻ったらまたゆっくり色々書いていきますのでー。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。