映画学メモ
日本ではまだイマイチ馴染みの薄い「映画学」なるものを、イギリスの大学から実際の映画学の授業に沿うかたちで紹介していきたいと思います。まー気楽にいきましょう。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すごいサイトが!
どうもこんにちは。
みなさん大ニュースですよ!

コメント欄の方で、マルハさんが、今まで映画学メモで扱ってきた映画のほとんどが見れる 素 晴 ら し す ぎ る サイトを教えてくださいました!マルハさん、ホントにありがとうございました!

Hollywoodparty~幻の洋画劇場
visual_main2.jpg


というところであります。いやーすごいですよこれ。ホントすんごいセレクションです。

一つ問題としては、有料なんですよね・・・
ただ有料といっても古い映画だったら100円からですし、レンタルビデオ屋にもなかなか置いてなかったりする作品であることを考えればとても良心的な価格設定だと個人的には思います。

とりあえず直接「映画学メモ」と関係あるところでは・・・;
・最初の「お試し無料ストリーム」でリュミエール兄弟の映画が見れます。
・「サイレント映画」のセクションにメレイスの作品集
・同じく「サイレンと映画」セクション、「初期イギリス映画作品集」に「車に轢かれた時ってどんな感じ?」、「火事だ!」
・「名作ドラマ」セクションにグリフィスの「国民の創生」「東への道」
・「怪奇映画」セクションに「カリガリ博士」
・「戦艦ポチョムキン」は見当たりませんでしたがどっかにあるかも知れません
・「サイレント映画」の「シュルレアリスム映画作品集」に「アンダルシアの犬」!
といったところがあります。

うーん、このサイトを作った方にはホント敬意を表したいです。
この機会にこれまで映画学入門で題材になっていた映画を見る機会がないまま「映画学メモ」をご覧になっていた方は、ぜひそこらへんの映画を見てみてくださいませー。

ではでは。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
いやぁ~あるもんですね、こういうサイト。NTTコミュニケーションズ、ちょっと見直しました。必要です、こういうサイト。ただ個人的に悲しいのは日本在住の方に限るとあることでしょうか。。。なぜ?!orz
2005/11/27(日) 00:00:48 | URL | Depper #hJZqYFTY[ 編集]
あー日本限定なんですか。リサーチ不足で、ごめんなさい。もし見つけたらご報告いたしまっす。
タカさん、陰ながら応援してますので、頑張ってください。ちょくちょく見させてもらいます。
2005/11/27(日) 10:52:07 | URL | マルハ #-[ 編集]
こっちでも使いたいなぁ
>Depperさん
すごいですよねー。英語であれば、こっちの映画学でも十分使えるクオリティですよね。ホント使えるのが日本在住者に限られているのが、理由もイマイチよくわからないだけに悲しい!

>マルハさん
今回は重ね重ねありがとうございました。やっぱり日本のサイトとかはよく分からないので、教えていただけるととても助かります。

応援のお言葉もありがとうございました。励みになりますー。なんせ映画学ってのもなかなか必要にされてなさそーな学問なんだろーなと思いながらやってるんで、励ましの言葉を頂くととても嬉しいのです。
2005/11/28(月) 17:01:12 | URL | タカ@映画学メモの中に入ってる人 #6SWgxDAM[ 編集]
志望動機と30代,40代の転職
志望動機とは、採用時に求人側が求職者に質問する代表的な質問項目 http://sedentary.catvtestchips.com/
2008/12/01(月) 15:16:21 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。