映画学メモ
日本ではまだイマイチ馴染みの薄い「映画学」なるものを、イギリスの大学から実際の映画学の授業に沿うかたちで紹介していきたいと思います。まー気楽にいきましょう。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画学入門 Week9(その2)
なんとなくパトレイバーの後藤隊長でこんにちは。
283052.jpg

昔っから好きなキャラであります。

ここ数日はキングコングが見たくてたまりません。

イギリスってクリスマスとその翌日(つまり今日)は店も閉まってるし公共交通機関も何にも動いてないので身動きとれなかったんですが、さっそく明日あたり見てこようと思っております。正直ついこないだまで全く何の興味もなかった映画ですが、なんかネットの評判を見てみると、どうも相当イっちゃってる映画らしく、これは見なきゃなと思いましたよ。みなさん見ました?

さて映画学メモの方はクリスマスも関係なくClassic Hollywoodですよ。前回の続きということで、Classic Hollywoodの一般的な特徴をつらつらとあげていたのでした。まぁ色んな映画がありますから、あくまで目安ということで。

・直線的なストーリー
基本的にストーリー(Narrative)は直線的に進んでいくことになります。つまり最初のイベントがあって、それが次の何かを引き起こし、それがまた次の出来事を・・・ってな感じです。別な言い方をすると、「原因とその結果」(Cause and Effect)がはっきりと結びついていて、玉突き状に進んでいく、ということでしょうかね。「北北西に進路をとれ」なんてのはその典型的な例であります。反対に、ストーリーが直線的でなく、「原因とその結果」がはっきりと結びついていない映画の一番わかりやすい例はやっぱり「アンダルシアの犬」ですね。

また直線的で「原因とその結果」がしっかりと結びついている、ということは余計なものがない、ということですから、映画に出てくるものにはみんなちゃんと物語と絡む意味があり、全ての謎・疑問はちゃんと最後に解けることになります。


・取り戻される秩序
Classic Hollywoodの映画たちは大まかにいって;秩序→混乱→秩序の回復、という流れを辿ることになります。もっと一般的な言い方をするとハッピーエンディングってことなんですが、なんで敢えて「秩序の回復」なんて言ってるかっつうと、そこにはある一定の考え方や思想を維持しようという働きがあるからなんですね。これはまた後で詳しくお話しすることになると思いますが、映画学的な立場としては思想的に中立な映画なんてのは存在しないというのがあります。僕の先生もよく「Every film is political」なんて言ったりするのですが、あからさまに政治を題材にとっていない映画であっても様々なかたちで社会のものの考え方に深く関わっている、というのが映画学の基本スタンスでありまして、ハッピーエンディングってのもその一部だったりするんですね。なのでそういう働きがある、ということを強調するために「秩序の回復」と言ってみる映画学メモでありました。

・内面の整合性
これもちょっと難しい言い方にしてしまいましたが、要するに、映画の中のキャラクターたちが何でそう振舞うのか、なんでそう考えるのか、というのは観客がちゃんと分かるようになっています。例えば、なんで主人公がそう考えるのか分からない、とか(現実ではそうであるように)主人公の人格が矛盾や多面性を持っていて単純ではない、ということは少ないです。

・キャラクターが物語をつくり、観客は主人公に感情移入をする
Classic Hollywoodでは、個人としてのキャラクター(基本的には主人公)が、なんらかの明確な理由に基づいた自分の行動で物語をつくっていく傾向があります。つまり、周囲の状況、歴史や集団としての人間が物語をつくるのではなく、個人の意思・行動が物語を切り開いていく、という意味合いが強いですね。

またこれに関連して、とても大事なとこなんですが、Classic Hollywoodでは観客がその人になりきったつもりで感情移入をできる主人公というのが存在します。観客はその主人公の視点を通して物語を見ることになるわけですね。



というわけで、Classic Hollywoodの特徴についてはもうちょっと見ていくことになりそうです。なかなかダラダラですいません・・。なんせ冬休みなもので、チビチビいこうかなと。

ではでは。
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
ホッケー
2008/11/18(火) 19:11:30 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。