映画学メモ
日本ではまだイマイチ馴染みの薄い「映画学」なるものを、イギリスの大学から実際の映画学の授業に沿うかたちで紹介していきたいと思います。まー気楽にいきましょう。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画学入門 Week9(その3)
というわけでキングコングものがたりを経て映画学入門再開であります。
2005082010_1107640336.jpg

前回の映画学入門では前々回に引き続き映画学の大事な基礎となるClassic Hollywood(古典ハリウッド)の特徴についてつらつらと書いていたのでした。しつこいようですが、多くのいわゆる「アート系映画」や「実験映像」なんかはこのClassic Hollywoodに対するアンチテーゼとしてつくられているところがあるので、こういうコテコテのハリウッド映画にあんまり興味がなくってもここらへんを押さえておくのは大事であります。

うちの大学の映画学入門コースでこのClassic Hollywoodの例としてとりあげていたのはヒッチコックの「北北西に進路をとれ」でした。
plane.jpg
「北北西に進路をとれ」(1959年) アルフレッド・ヒッチコック監督

無難なチョイスだと思います。なにせヒッチコックですからところどころにただのハリウッド映画の枠に収まらない要素はありますが、Classic Hollywoodなんだなーと思って見ると、コテコテのテクニックも沢山使ってありますし分かりやすい例ですよ。

あと、これも繰り返しになっちゃいますが、Classic Hollywoodというのは基本的に40年代50年代のハリウッド、またはそこでつくられた映画たちや、その制作方法を指します。ですがClassic Hollywoodという考え方、システムを最初につくりあげたのは10年代、20年代ごろに活躍したD.W.Griffith(グリフィス)ってことになっています。Classic Hollywoodは彼が創始したシステム、またはひとつの映画哲学の完成形、という風にみちゃって差し支えないと思うんですよね。グリフィスと彼の映画についてはWeek3にとりあげましたので、まだ未見の方はぜひこちらも合わせてご覧ください。

では前回の続きいきましょう。



・自らが「つくられたもの」であることを否定する
基本的にClassic Hollywoodの映画は、自らが「つくられた存在」であることをかーなり必死に隠します。別な言い方をすると、自らがはじめから存在している「現実の一部」であり、(編集によって組み立てられたものではなく)統一されたひとつの有機的な存在であるかのように振舞うんですね。

ホントは映画ってのはセットかなんかで役者が演技していて、それをカメラが撮っていて、近くにマイクなんかあって、そんでその出来上がったバラバラのシーンたちを編集でくっつけて完成するわけです。でもClassic Hollywoodにおいては、例えば「カメラ」というものはあたかも存在しないかのように扱われます。役者がカメラをまっすぐ見たりしないですよね。他の映画をつくる「装置」にしても同じでマイクやライティングにしても完成された映画の中には入ってくることはなく「あたかもそれが自然であるかのように」存在が隠されます。例えばハリウッド映画ではよく夜のシーンって「青い」んですよ。今度注意して見てみると面白いですよ。「北北西に進路をとれ」だと、最後のシーンが屋外で夜ですが、こんなです↓
finale.jpg
ラッシュモア山のシーンですが、ホントに夜にここにいたらこんなに青っぽくて明るいハズないんですよね。これはうまいこと前後の文脈とライティングで「これが夜なんだ」って観客になっとくさせているわけですが、こういう人工の世界を「つくりあげる作業」というのはClassic Hollywoodでは全部見えないようになっていて、Classic Hollywoodは「自然にこうだよ」ってな感じになっています。

そしてこの「自らがつくられたものであることを否定する」っていうのの最たるものであり、Classic Hollywoodの核のひとつになるのがContinuity Editing(コンティニュイティー・エディティング)です。これは「そこに編集がある」ということを否定する編集のテクニックでして、今でもフツーに使われています。映画ってのはフツー何百っつう数のショットからできてるんですが、僕らはフツーに映画見ててもそこに編集がある、っていうことに気づかないじゃないですか。僕らが編集というものをはっきり意識すれば映画ってのは沢山のショットのつぎはぎなわけです。でも編集されてることに気づかないから、ひとつの映画として自然に見ることになるんですよね。

このContinuity Editingについては「Week3(その2)」ところで詳しく書きましたので、そちらを参照してくださいませ。かなりごちゃごちゃしたエントリーになっちゃってますが・・・。



ってなわけで、Classic Hollywoodの特徴は今回でおしまいです。まだまだ色々あるっちゃあるんですが、細かくなりすぎちゃうし、Classic Hollywoodっていう概念自体、絶対のものではないんでなんとなく雰囲気さえつかめばいーんですよね。やっぱり映画をみないとしっくりこないところがあると思うんで、ぜひ「北北西に進路をとれ」とか他にも40年代50年代の名作なんか見てみてください。

えー、それにしてもClassic Hollywoodなかなか終わらんですね。
飽きてきました?
だいぶ大事なところなので、もう少しお付き合いください。

これが終わればパーっと「勝手にしやがれ!」ですよ!
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
あけました
おめでとうございます。
Classic Hollywood、さっぱりわけ分からずに終わってしまったので、continuity editingのことしか覚えていません...
ま、要するに雰囲気をつかめばいいんですよねっ!
ヒッチコックは、「この手法はこてこてハリウッドだ!」ってのを理解したうえでやってるから厄介ですよね。
Mulveyのgazeに関しても、彼女はヒッチコック映画を攻撃していますが、監督はgazeやfetishisationってのを意識して駆使しているので、侮ってはいけない気がします。
やっぱり偉大です。
2006/01/02(月) 23:35:30 | URL | 赤パン #-[ 編集]
謹賀新年
赤パンさんこんにちはー。
あけましておめでとうございます。

ヒッチコックには、ダグラス・サークのような確信犯的あなどれなさを感じます。「北北西に進路をとれ」なんかも、キャラクター同士のセリフの中に「演技すること=performativity」に関するやりとりが多く、そこらへんヒッチコックがClassic Hollywoodを軽く内側から攻撃してるんじゃねーのー、なんて先生が言ってましたよ。

さすがヒッチ。
俺は「裏窓」なんかすごい好きですねー。
2006/01/04(水) 08:15:02 | URL | タカ@映画学メモ屋さん #6SWgxDAM[ 編集]
ラッシュモアのシーン
あの不自然な青さはきれいだった。クライマックスにぴったりという感じだったなー。
2006/02/07(火) 15:07:29 | URL | HANEぱんだ #-[ 編集]
ハリウッド・ブルー
俺も結構好きだったね。

あと不自然な青と言うと「天は全てを許し給う All That Heaven Allows」の思いっきり人工的な夜の青が好きだったなー。

今年のLT121には「All That Heaven Allows」も「Dawn of the Dead」も「ブルジョワジーの密かな愉しみ」もないのよ!うーん、一番オイシイ辺りなのになぁ。
2006/02/08(水) 17:49:43 | URL | タカ@映画学メモの人 #6SWgxDAM[ 編集]
30代,40代の転職・ウェブマスター
ウェブマスターは、ホームページの編集長 http://mannequin.rcrane4law.com/
2008/11/16(日) 13:51:00 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。