映画学メモ
日本ではまだイマイチ馴染みの薄い「映画学」なるものを、イギリスの大学から実際の映画学の授業に沿うかたちで紹介していきたいと思います。まー気楽にいきましょう。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「映画学入門」 目次(これまで扱った分)
映画学入門(Introduction to Film Studies)

これまでやってきた分の目次


「映画学入門」は、うちの大学で映画学(Film Studies)をやる学生が一年生のときに必修として取るコース「Introduction to Film Studies」を俺が自分なりに解釈したり手を加えたりしながら日本語に直してみたものです。俺も3年前、自分が一年生の時にこのコースをとったわけですが、今年またこのBlogを書くために聴講してみました。全体的には3年前と同じでしたがちょっと変わってるところもあったので、このBlogは基本的に今年の内容に沿ってつくりながらも、3年前しかやんなかった内容や、その他に自分がその後の映画学で習ってきたことなんかも色々盛り込んでいる次第です。

Week1
テーマ;「映画以前」と映画の誕生
映画;リュミエール兄弟の映画たち


・その1 さまざまな映像装置 
・その2 そしてリュミエールへ
      リュミエールの映画たち


Week2
テーマ;「物語以前」 視覚的アトラクションとしての映画
映画;ジョルジュ・メレイスの映画たち


・その1 19世紀の西洋世界
・その2 アトラクションとしての映画
     映画文法の萌芽


Week3
テーマ;D.W.グリフィスの登場と映画文法の確立
映画;「東への道」


・その1 「初期映画」のおさらい
・その2 「継続的編集」(Continuity Editing)とは?
・その3 D.W.グリフィスと、彼がもたらしたもの
・その4 D.W.グリフィスと、彼がもたらしたもの(つづき)

Week4
テーマ;「カリガリ博士」と「メゾンセン(mise-en-scene)」
映画;「カリガリ博士」


・その1 映画にとっての1920年代とはなんだったか
・その2 「メゾンセン(mise-en-scene)」とは?
・その3 「カリガリ博士」と表現主義映画

Week5
テーマ;「戦艦ポチョムキン」と「モンタージュ」
映画;「戦艦ポチョムキン」


その1 編集とモンタージュについての基本的な定義
その2 「戦艦ポチョムキン」を歴史上の文脈に位置づける

その3 エイゼンシュタインとモンタージュ

Week6
テーマ;シュールリアリズムと映画
映画;「アンダルシアの犬」


その1 シュールリアリズム
その2 「アンダルシアの犬」と、映画という枠組み
その3 「解釈」という行為

Week7
テーマ;トーキー映画の登場 - 映画が喋る!
映画;「ジャズ・シンガー」


その1 サイレント映画はサイレントじゃなかった?
その2 トーキーはいつから始まった?
    トーキー映画の映画産業への影響

その3 Diegetic SoundとNon-Diegetic Sound
    「ジャズ・シンガー」


Week8
テーマ;「市民ケーン」とDeep Focus
映画;「市民ケーン」


・その1 Deep Focus
・その2 「見る」という作業の変化
     リアリズムの問題


Week9
テーマ;Classic Hollywood
映画;「北北西に進路をとれ」


・その1 Classic Hollywoodとは?
・その2 Classic Hollywoodとは?(つづき)
・その3 Classic Hollywoodとは?(つづきのつづき)
・その4 Classic Hollywoodのテクニック
・その5 Classic Hollywoodが意味するもの

Week10
テーマ;Classic Hollywoodへのアンチテーゼ
映画;「勝手にしやがれ」


・その1 「アートシネマ」の考え方
・その2 「アートシネマ」の考え方(つづき)
・その3 「アートシネマ」の考え方(つづきのつづき)

Week11
テーマ;Cinematography - 映画の視覚情報(前編;光と色)
映画;「黒水仙」


・その1 映画監督と撮影監督
・その2 Cinematographyとは?
・その3 「黒水仙」の光と色

Week12
テーマ;Cinematography - 映画の視覚情報(後編;画面構成/フレーミング)
映画;「レオン」


・その1 Framing(フレーミング)の力
・その2 アスペクト比の歴史
・その3 アスペクト比の歴史(つづき)
・その4 ワイドスクリーンのつくりかた
     ワイドスクリーンの画面構成


Week13
テーマ;映画におけるパフォーマンス
映画;「こわれゆく女」


・その1 メソッド・アクティング(Method Acting)とは
・その2 メソッド・アクティング(Method Acting)とは(つづき)
・その3 シネマ・ヴェリテ(Cinema Verite)とカサヴェテス
・その4 シネマ・ヴェリテ(Cinema Verite)とカサヴェテス(つづき)

Week14
テーマ;映画は誰のもの?Auteur Theory(作家主義)
映画;「不安の魂」&「ペトラ・ヴォン・カントの苦い涙」


・その1 歴史化(Historicizing)ということ
・その2 Auteur Theory(作家主義)とは?
・その3 Auteur Theory(作家主義)とは?(つづき)
・その4 Auteur Theory(作家主義)とは?(つづき)
・その5 映画監督R.W.ファスビンダー





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。